Skip to content

敏感肌の人はオールインワンゲルの使用には注意が必要

化粧水や美容液、乳液、クリームなどの効能をひとつに集めたスキンケアアイテムがオールインワンゲルです。

これひとつあればスキンケアが完了し、何本も買い揃えずに済むという手軽さが受けて、高い人気を集めています。人気の高まりを受けて多くの化粧品会社がさまざまな種類のオールインワンゲルを販売しています。美白やしわ・たるみの改善など、さまざまな機能や効能が謳われている商品があります。

確かに面倒なスキンケアがひとつで済むのは魅力的です。しかし、オールインワンゲルは万人向けとは言えません。とくに敏感肌の人が使う時は注意が必要です。敏感肌とは、普通の状態ならなんの問題もない軽い刺激にも過剰に反応して、赤みや痒みが生じる肌のことを指します。

そのため、敏感肌の人は、直接身に着ける化粧品などは慎重に選ぶ必要があります。刺激に対して肌が過剰に反応するのは、肌バリア機能が低下していることが原因。肌バリア機能をあげるためにはたっぷりと潤いを与え、皮脂と水分のバランスを取ることが大切です。

ところが、オールインワンゲルは、多くの機能をひとつにまとめるためにたくさんの成分が配合されています。その分肌に刺激となる成分も入っている可能性も高いと言えるでしょう。さらに保湿成分の浸透力が高くないものが多く、敏感肌が必要とする水分を角質層までしっかり届けられないことがあります。

敏感肌の人がオールインワンゲルを使う場合は、まずは目立たない場所でパッチテストを行って、肌に刺激とならないかしっかり確認するようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です